ダイエット茶 副作用 ルイボス

ダイエット茶に含まれるルイボスに副作用はある?

飲む女性

ダイエット中でミネラルが不足している人におすすめ

ルイボスとは、南アフリカ原産のお茶の葉で、南アフリカの特殊な天気と地形でしか作られない植物です。

 

ルイボス茶には、タンパク質のほかのに、カルシウムや鉄、マンガンや亜鉛、ナトリウムやセレン、マグネシウムやカリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれています。

 

このことから、ダイエット中でミネラルが不足している人におすすめです。

 

また、カフェインが含まれていないことから、妊娠を希望している女性や妊婦に最適なお茶だと言われています。

 

ルイボスの効能としては、細胞の活性化や、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の症状緩和効果、抗酸化作用による美肌効果や、安眠効果や貧血予防などがあると言われています。

 

内臓の働きを良好にするルイボス

最近では、胃や腸などの内臓の働きを良好にすることによって、身体の中の毒素を排出し老化を防ぐ働きがあるSOD酵素と、肌の古くなった角質を除去してターンオーバーサイクルを整える効果があると考えられているAHA(アルファヒドロキシ酸)が含まれていることが広く知られるようになったことから、飲むだけではなく、入浴剤として使用したり、洗顔料と混ぜて使うなど、幅広い使い方がされるようになりました。

 

副作用は、化学肥料や農薬を使用して育てた茶葉を飲むと起こる可能性があるので、無農薬なものを買うことが重要です。

 

また、あまりにも多く摂取した場合にお腹が緩くなってしまうような症状が出る場合がありますが、摂取しすぎれば害があるお茶は他にもあるので、節度を守って飲用すれば副作用が起こることはまずありえないと考えられます。

 

このことから、ダイエット茶に含まれるルイボスが無農薬で栽培されていた場合に限り、副作用は無いといえます。